副作用

ローヤルゼリーの種類

http://dayspasct.com/takemethod.htmlにも書いてあるようにローヤルゼリーには、主に三種類のタイプがあり、「生」「乾燥」「調整」というものがあります。

生ローヤルゼリーは、最も栄養価が高く、採集して、加工などをしていないため、ローヤルゼリー本来の栄養価をそのまま人体に取り込むことが可能になります。
しかし、保存が難しく、どんどん劣化していくというデメリットがあるので、もし購入した際には、出来るだけ早く使いきらないと、ローヤルゼリー本来の栄養価を取りきれない可能性があります。
乾燥ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーに熱を加え、水分を蒸発させて粉末状ににしたものです。
生ローヤルゼリーに比べて保存はききますが、熱を加えたことにより、本来の栄養価がそこなわれているという欠点があります。
調整ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーと違い、百パーセントローヤルゼリーではありません。
私たちがローヤルゼリーを食べやすいように調整したものであり、コストも低くなっているのですが、栄養価はその分落ちてしまっています。

このようにローヤルゼリーと一口でいっても三種類のタイプがあり、値段や栄養価も種類によりバラバラです。
本来ならば、生ローヤルゼリーが一番いいのですが、使いきれない可能性もありますし、値段もその分高くなっています。
人により、出せるお金の範囲でローヤルゼリーの使用量は異なってきます。
どのタイプのローヤルゼリーなら無駄なく使え、長期的にみて継続出来るのかということを考えて購入したほうが、お金やローヤルゼリーのロスを最小限に食い止める事ができるでしょう。
ローヤルゼリーのキャンディも売っていますので、まずはこちらから始めてみることをおすすめします。